テレビやWEBの業界で働きたい!映像専門学校の入学希望者が参考にできる情報を紹介

このサイトでは将来映像関係のお仕事をしてみたいと夢見ている映像専門学校の入学希望者を対象に、どのような学校を選んだらよいのか、現場で即戦力となるスキルを身に着けるにはどうすれば良いのかなどの疑問やお悩みを解消するための情報提供を行っています。
各校の公式ウェブサイトに掲載されている内容だけでは計り知ることができない詳細な情報が満載のコンテンツで、一人でも多く業界で活躍したい方が夢を掴むための一助になれば幸いです。

テレビやWEBの業界で働きたい!映像専門学校の入学希望者が参考にできる情報を紹介

多くの映像専門学校では入学希望者を対象に、体験入学やセミナーを開催しています。
体験入学ではその学校で実施しているカリキュラムの一端を体験し、自身が求める授業があるのか、継続して通えるのかなどを判断できます。
セミナーではプロの業界関係者を講師に迎え、プロになって成功するための心得や極意、業界裏話などここでしか聞けない貴重な現場の声は将来業界での就職を目指している方にとって大いに役立ちます。
まずはそれらのイベントに積極的に参加し、入学する映像専門学校を選ぶのがおすすめです。

映像専門学校の入試で出題される内容

映像専門学校の入試で出題される内容には、様々な映像の制作に関する技術的な事柄のほか、その基本的な映像関連の知識が出題されることも少なくありません。
そのため、様々な映像に使用される基本的な技術を知っておくことが重要なポイントとなります。
これらの技術を学ぶために映像専門学校に入学すると言う人も多いのですが、それぞれの学校によって習得する内容が異なることや、また入学生に求める基本的な知識もそれぞれ違うためこの点には十分に注意をしなければなりません。
加えてその表現による効果などもテーマとなることが多いので、これらを自分の中で明確に分類しておくことが大切であり、さらには自らが映像制作を行う際により効果的な表現を行うための技法など、細かな部分の知識を習得しておく必要があります。
映像専門学校では一般的に高度な技術を効率的に使用する手法を学ぶと言うところが多いため、その基本的な能力を習得していることが前提になる場合が多いのが特徴です。

自分に合った映像専門学校の選び方

映像について学びたい、将来的に就職を考えて言いの映像専門学校に入学したいなど、自分の目的に沿った選び方をすることで学生時代を有意義に過ごすことができます。
映像専門学校の選び方の基本は、まず自分が学びたいコースが用意されているかどうかが一番のポイントです。
映画系の映像技術を目指している、テレビのバラエティ制作で活躍したいなど、目標によって学ぶべき技術が異なります。
あらかじめその目標に合わせたコースが用意されている映像専門学校であれば知識やノウハウをすでに持っているため、スムーズな講義を受けることできるはずです。
また、身につけたい技術によってはコースの選択にも注意する必要があるでしょう。
CG系やカメラ系など、映像専門学校ごとに得意とする分野が違うため、できる限り目的に合致した学校を選ぶのがおすすめです。
学校の設備や施設、講師陣を選択基準にしても良いでしょう。
奨学金の有無や就職支援なども重要になります。

映像専門学校の願書を取り寄せる方法

映像専門学校に行きたいけれども、願書はいつだせば良いのかという疑問がわきます。
いつ願書を提出するかというと、6月から9月までの期間に提出することが多いようです。
ネット出願の場合は、選考料が免除されます。
紙で出願する場合は、1万円を払わなければなりません。
エントリーや出願は、選考エントリーシートを作成します。
オープンキャンパスに参加して、推薦面談を受けるのです。
指定出願期間内に提出したら、面談を行います。
書類到着後7日間の間に選考をし通知が来ます。
試験内容は写真や映像を加工するスペシャリストを育成するのが目的であるため、映像専門学校に入ることが得策といえます。
特に試験とかはなく、やる気などで決めることが多いようです。
入ったら2年間映像について深く学んでいきます。
そして映像のスペシャリストになって、映画界やアニメ界で活躍できるような努力をしていく必要があるのです。
夢を勝ち取るために必要なステップです。

映像専門学校のオープンスクールに参加

映像関係の仕事をするために映像専門学校で勉強しようと考えている方が多くいるはずです。
ニーズが高くなっている仕事なので、良い選択だと評価できます。
企業で何年か経験して独立して働くことも可能です。
映像専門学校も様々なところがあるため、しっかり比較して自分に合ったところを選ぶことが求められます。
比較する際に活用してもらいたいのが、オープンスクールです。
高校や大学みたいに実際に学校に行って、授業の様子を見たり、雰囲気を確かめることができるため参加してみる価値が十分あります。
ホームページやパンフレットだけでは分からないことが多くあるので、自分に適した映像専門学校なのかを見極める多恵の情報が手に入ります。
また、講師や学生に相談できる機会があることも魅力です。
気になることや分からないことがあれば気軽に相談できます。
学費だけで決めてしまう方がいますが、その決め方はおすすめできません。
学費の安さよりも重視するべきことがあるはずです。

著者:大内弘隆

筆者プロフィール

大阪市堺市生まれ。
映像専門学校に関する記事を書いています。
大阪 映像専門学校